ゼロファクター 使い方

ゼロファクターの使い方はどうしたらいいの?

 

青髭が目立つことは男性だから当たり前だと思っていませんか?確かにヒゲは男性は生えているのが当たり前の生理現象なので気にしていない人もいるかもしれませんし、本当に気にしていてもどうしたらいいのか分からないという人もいるはずです。

 

青髭は自分が思っている以上に周りにはひややかに思われていると言っても間違いありません。どうせなら改善したいと思っているのではないでしょうか。

 

そんな方はゼロファクターを正しく使って下さい。使用方法が間違っていると本来の効果を発揮できなくなってしまったり、効果を得るのに時間が余計にかかってしまうこともあります。

 

そんな事態になってしまわないようにゼロファクターの使い方について説明していきたいと思います。

 

 

 

 

ゼロファクターの使い方

 

洗顔

 

朝起きたらまずは洗顔して下さい。普段から洗顔をしない人は男性では珍しいことではないですが、石鹸でもなんでもいいので洗顔した方が衛生的にも良いですし、ゼロファクターを使うにもプラスです。

 

洗顔をすることで余計な毛穴の皮脂を洗い流してしまいます。そうすることで毛穴がキレイになり、ゼロファクターの成分がより浸透しやすくなります。

 

 

ヒゲ処理

 

カミソリ・シェーバーでいつもしているように処理していきましょう。

 

この時に重要なことは深剃りはできるだけ避けるということです。深剃りは肌を傷つけるので肌荒れの原因にもなってしまいますし、

 

肌の防御反応により、ヒゲが濃く太くなります。

 

ヒゲの悩みを余計に悪化させてしまう原因にもなってしまうので深剃りだけは避けて下さい。

 

 

 

ゼロファクター

 

ヒゲ処理が完了したらゼロファクターを使っていきます。

 

使い方についてのアドバイスはありません。ヒゲが生えている周囲に隙間なく塗布して下さい。

 

 

 

 

できれば1日2回は使用する

 

 

ヒゲが濃いと自覚されている方は1日2回はゼロファクターを使って下さい。

 

1回より2回の方がはるかに効果が表れやすいことが分かりました。

 

私自信1日2回使用するようになってから、結果が出やすくなったと感じています。

 

口コミでも「2回使用するようになってから効果が出た」という意見が多数あります。

 

ヒゲの濃さにもよりますが、1日2回の使用をおすすめします。

 

 

 

ヒゲが薄い人はもちろん1回でもいいのですが、ヒゲに対してコンプレックスを抱えているということはヒゲが濃い方が大多数だと思います。

 

ですが、濃いという感じ方には個人差がありますのでヒゲ処理の回数によってゼロファクターを使えばいいと思います。

 

1日1回の処理で十分な方はゼロファクターの使用も1回。

 

私のように1日2回は処理しないと間に合わない人はゼロファクターも2回です。

 

使用回数を2回にすることで今後の効果は明らかに変わってくるので最初の3ヶ月は面倒でも2回は使用するべきです。

 

 

 

どれくらい持ちますか?

 

ゼロファクターは1日2回使用して、1ヶ月持つのか?ということが気になってきますよね。

 

それだけ早くなくなってしまってはコスパは倍になってしまいますからね。決して安くはないゼロファクター。

 

1日2回使うと長持ちしなくなるのか?ということについてですが心配無用です。

 

私は1日2回で30日以上は長持ちします。35日〜38日程度は2回でも持ちますので1ヶ月間は余裕でいけます。

 

ゼロファクター愛用から半年経過した今では、1日1回の使用で済んでいてすごく長持ちするのでコスパもそれだけ良くなりました。

 

 

 

ゼロファクターの使い方についてははっきりとは明記されていません。

 

塗るだけなので使用方法も何もないのですが、1日に何回使用するか?という回数については重要ですのでできれば2回です。

 

仕事の合間に時間がとれない人は帰宅してからでも寝る前にでも使えばいいと思います。

 

それともう1つ大切なことが毎日使用するということです。3日に1回とかになってしまうとそれだけ効果は半減してしまいます。

 

ゼロファクターは抑毛ローションなので、毎日の積み重ねということがとっても大切です。

 

 

 

⇒ゼロファクター・ヒゲはこちら