ゼロファクター 楽天

ゼロファクターが楽天では買えない理由とは?

 

 

ゼロファクターは剛毛なヒゲ、青髭にコンプレックスを抱えながら過ごしている方が自宅でその悩みをケアできるように開発された抑毛ローションです。

 

これから自分のヒゲにも試したいという方も年々増えていて累計販売本数は何と180万本を突破したとのことです。

 

そんなゼロファクターはネット通販での販売なので、とりあえず「楽天市場」で探してみようと思った方も多いはずです。

 

あれ?売っていない!

 

日本最大のネット通販サイトの楽天ですが、残念ながらゼロファクターの取り扱いは現在行われていません。

 

 

 

以前は楽天市場での販売もあったみたいですが・・・

 

楽天市場でゼロファクターを調べてみると以前は販売されていた形跡がありましたが、現在は販売は行われていませんでした。

 

楽天市場にはたくさんのショップが出店していますが、ゼロファクターを買える販売店はなくなったみたいです。

 

また、どこかのショップが販売を開始すれば楽天で買えるようになることもあるかもしれませんが到底考えづらいことです。

 

なぜ以前は販売されていたのに、今は買えないの?

 

その理由は販売当初のゼロファクターの正規店(公式店)は現在のような販売状況が整っていなかったからです。

 

だからその販売を楽天市場などのショップに委託していたみたいですが、卸販売をすると仲介料が発生するので正規店から買うより価格は高くなってしまいます。

 

ゼロファクターが話題となり、正規店の販売状況が整うようになってからはそちらの方が安く買えるようになり、楽天市場などでの販売はほとんど見かけることがなくなりました。

 

 

 

 

楽天市場で販売しない3つの理由まとめ

 

 

 

できるだけ安く販売する

 

先ほども説明した通りですが、正規店の販売状況が整備されてからはネット通販という市場では誰でも正規店から直接買うことができます。

 

そうなると仲介料をとって販売している卸業者から買った購入した人達は損することになります。

 

価格は店舗によって決定するので価格の統一化ができなくなってしまうので、すごく高いショップや在庫を売り切る為に極端に安くするショップなどが出てきます。

 

そうなっては、金銭面で損する人が出てしまうので公式サイトの独占市場でできるだけ安く販売しているのですね。

 

 

 

トラブルにも対応できる

 

楽天市場という大きな集客力をもった販売店でゼロファクターを販売すれば、需要はあるのですごく売れるでしょう。

 

ですが、品質管理が行き届かなくなってしまいますし、個人で経営しているネットショップでは保存方法に問題があったり、出荷時に破損したりなどのトラブルも十分あり得ます。

 

そうなってしまった時には、公式店から買ったものではないので販売しているショップが返品や交換に応じなくてはならないのですが、ネットショップは誰が経営しているかも分かりませんし、どんな会社なのかも不明です。

 

その気になれば誰でも出店できるというメリットがある変わりにそういったトラブルに対応しているショップは少ないのが現状です。

 

実際に不良品などが届いた例はいくつもありますが、返品できなかったことも多いみたいです。

 

正規店での販売ならそのような事態においても速やかに対応することができます。

 

購入者の情報を把握することで、ゼロファクターの不良品・クレームにスムーズに対応できるようになっています。

 

 

 

 

 

ゼロファクターは大ヒットしている商品ですので、価格の統一化や安全性の確保からどこからでも販売できる状態は好ましくないと判断されたようです。

 

人間が行うことに100%ということはないので、商品発送時のトラブルなどに適切に対処する必要があるので公式店の独占販売にしたようです。

 

独占市場と聞くと何だかゼロファクターの公式店が悪いことしているような印象を受けてしまうかもしれませんがそれは違います。

 

トラブルや商品の疑問などに対応できるようにサポート体制をしっかりとっているということです。

 

何かあった時に即座に対応してくれる窓口があるというだけでユーザーとしては安心できますし、ゼロファクターが安全性を最優先させていることが伺えます。

 

 

⇒ゼロファクターヒゲの効果はこちら